カテゴリ

カテゴリ:作家紹介

水彩木版・けしごむはんこ/アオイアツシさん

カテゴリ:

玉野市の駅東倉庫を拠点に活動されているイラストレーターのアオイさん。
現在、江戸時代からの木版技術を受け継ぐ京都【竹笹堂】に通い、技法を習得しながら、木版画家としても活躍中です。

 

葛飾北斎の浮世絵に見られる多彩で美しい風景画も木版の技術で刷られています。
 

“昔の人の技術はとても高く、伝統技術の継承というのは本当に難しいものです。僕は大人になって木版を習得し始めたのですが、それでは遅いんですよね。”

 

工業高校デザイン科を卒業され、デザインの道に進まれたアオイさん。
フリーのイラストレーターとして、イラストデザインやドローイングを主に活動されていましたが、木版への興味から現在は京都【竹笹堂】で伝統の木版技術を目下習得中。
アオイさんの言葉には重みがありましたが、それでもなお学び続け、木版技術による作品を制作しているのは、印刷技術としての木版で表現できるものに魅力を感じていらっしゃるからではないかと。

 

現在、玉野市のサンコアというギャラリーで開催されているアオイさんの個展「かっぱっっぱ。」。
P1020431
P1020432

お皿の上に飾られた木版イラストのかっぱ、一皿に一匹(一人?)。
端正な顔立ち、シュッとした印象のアオイさんから生まれてきたキャラクターとは思えないフォルムと表情。先程、あれだけ真面目な話をしていたのに、なんだか拍子抜けしたといいますか、かっぱ達を見ているとなんだか力が抜けてしまいました。いや、逆に意表を突かれて、さらに作品のことが知りたくなってきました。背景、かっぱの体の各部分はいろんな色で描かれていて、いやこれは筆で書いたのではなく、これを木版で彫って、刷って・・・?
何枚かの木板を見せていただきましたが、ひとつひとつの作業がとても大変であるということはわかったのですが、具体的には理解できず・・・。
P1020437
P1020436
P1020435

ということで、今回の体験クラフト市の時に、是非じっくり技法、作業工程を見させていただこうと思います。

 

今回の体験クラフト市では、水彩木版の技法を学びながら、メッセージカードを作ります。刷りの色は自由、基本的には易しい単色刷りを体験します。“ご要望があれば、お時間、作業の進み具合を見ながら多色刷りも検討します。”とのこと。アオイさんが描いた動物のイラストをご用意していますが、デザインを自分でやってみたいという方のために原画作成の準備もしています。
P1020433
 

水彩木版のおもしろさを体験してみませんか。

アオイさんが制作したキャラクター達も会場でお待ちしております。

『クラフト市の勝山』・Brochureづくり/さらいなおえさん

カテゴリ:

さらいさんと勝山を結びつけたのは、ある女性の作ったリースの写真。

 

石村朋子さん。

身の回りの植物でリースやオブジェを作られていた女性。

 

石村さんの作るリースに惹きつけられ、また彼女の人柄に魅了された方は数多く、さらいさんもそのお一人。

 

さらいさんが発行している「aube.」というBrochure/小冊子。暮らしやアート、その主人公となる人・・・、さらいさんというフィルターを通して、人それぞれのライフスタイルが描かれています。
P1020438
 

aube.1号と4号には石村さんのことが描かれています。
 

石村さんのリース、枯れてもなお生命が感じられ、繊細な作品にも真(芯)の力強さが感じられました。
添えられたさらいさんの言葉は飾り気がなく、それだけにさらいさんの思いが伝わってくる。

さらいさん、aube.を通じて、石村さんという一人の女性、石村さんの作ったリースを知ることができたその時間は、私にとってとても貴重なものになりました。

石村さんは201110月に永眠されましたが、そこから生まれたさらいさんと勝山の繋がりは今へと続いています。

 

取材したことや、取材時に感じたことや自分の考えをなかなか言葉にできない私からさらいさんへの質問です。
 

どうやって取材したものの中から言葉を掘り起こすのですか?

 

“取材したら、一度寝かすんです。その上で、自分の思っていることとの接点やキラリと光る言葉を探していくんです。”

 

さらいさんによって選ばれた言葉は描かれた人とさらいさんを結ぶ接点。
さらいさん拾ったキラリと光る言葉は描かれた人自身が持つ輝きなんですね。

aube.を読んで納得。

 

折角いただいた助言も、今の私には到底できることではありませんが・・・

 

今回の体験クラフト市では、タイトルのように『クラフト市の勝山』のBrochure/小冊子を作るためのワークショップを開催します。
カメラ/写真が好き、趣味、それ以上という方は各場所で開催されているワークショップや勝山の町並みを写真取材、執筆が好き、趣味、ライター志望、それ以上という方はワークショップを取材して執筆を。
各々が取材してきたものを、さらいさんが取りまとめて、編集、発行、
Brochure/小冊子にします。
できた
Brochure/小冊子は後日参加者にお届けします。

参加者それぞれの思いが詰まった一冊、是非さらいさんと一緒に作ってみませんか。

 

aube フランス語で夜明け。

今回のワークショップでの出会いが、勝山の新たな発見に繋がることと祈っています。

玩具造形いとひや・糸日谷晃さん

カテゴリ:

丘の上に立つ自分の目線の高さに山の稜線が見え、丘の下の田園地帯に光が降り注ぐ光景。

P1020357

ここは岡山県の北東部、兵庫県との県境にある美作市後山です。

その後山のふもとに東粟倉おもちゃ村があります。
P1020338

全国から創作玩具の作り手の作品、組み木創作の会の作品が展示されています。
作品は写真撮影できなかったのですが、組み木の玩具や、木のからくり玩具など多数展示されています。
もちろん糸日谷さんの作品もここに展示されています。

玩具造
形作家・糸日谷晃さん

 

P1020074
京造形大学造形学部卒。
大学では環境デザインを専攻し、木のおもちゃを制作するゼミに所属。
大学卒業後、縁あって、おもちゃとオルゴールの博物館に就職。
工作室担当を務め、 ワークショップをはじめとしたイベントの企画や題材となる作品開発を手がける。

現在は岡山・鳥取・兵庫の県境、山間に工房を設けて活動中。    

千葉県出身で都会育ち。

一転、JRが単線、一両のバスのようなディーゼルカーが一日に数本しか走らない田舎に移住。
もともと都市型のライフスタイルや価値観を持ち合わせていなかったので、田舎への移住には抵抗はなかったとのこと。

“大学ではデザインを勉強していて、ものづくりもしたかった。つまりは、全部やってみたかったんです。デザインもして、ものを作って。”
 
今は木工を主として木のおもちゃなどの作品を制作されていますが、これまでにはいろんなものにチャレンジされたそうです。

パソコンを使って映像を制作するのもそのひとつ。
ご自分のことを“器用貧乏な一面があるです”と。

逆手に取れば、いろんなジャンルを経験することで、未知の自分の主流に繋がっていく、それが今、糸日谷さんがチャレンジされていることではないかと感じました。

“シンプルでシュッとしたデザインが好きなんです”
 
糸日谷さんの作品にはそのデザインに必然性のあるコンセプトやテーマがあります。

それはあくまで実用性や機能性を重視した工芸作品ではなくて、
その形に何かしらの意味や価値が存在するものづくりをされています。


例えば[ひのきにあなをあけたもの]
P1020347

デザインのコンセプトは、初めてふれる、やさしさ・やわらかさ。
形は、指を揃えた手のひらの形、お母さんの乳房の形、卵の形をイメージしているそうです。

何か私の中でイメージが広がっていきます。

もちろん、糸日谷さんが作品に吹き込んだイメージもありますが、手にした人が作品を見て、何を感じて、何をイメージして、それをどう使うかを手にした人が決めればいい。
これが糸日谷さんの作品と一般的な工芸作品とは異なるところだと思います。
 

しっかりとしたイメージがあり、それをデザインに内在させ、形として表現していても、決してそれが押し付けがましくないというのが糸日谷さんの作品の魅力だと私は思います。

これは糸日谷さんの組み木のおもちゃ。

P1020355


いろんな動物達が、それぞれの体の面をくっつけて、パズルのようにぴったりはまっています。
糸日谷さんの動物達は“シュッ”としていて、どこかスタイリッシュな感じ。
箱から動物を取り出すと、そのひとつひとつの動物に、ちょっぴり切なさが感じられました。


その他、やじろべえや車、マグネットなども見せていただきました。

P1020353
P1020352
P1020358


体験クラフト市のワークショップでは木のからくり玩具を制作します。
数種類の工作キットを用意して下さいます。
電動糸鋸も持ってきて下さいますので、糸鋸を使っての切り抜きなども体験いただけます。

 

ゆったりとした雰囲気をお持ちの糸日谷さんと一緒に工作、そして“シンプルでシュッ”とした糸日谷さんの作品達に是非触れていただいて、広がるイメージを楽しんでいただきたいと思います。


玩具造形いとひや

http://itohiya.ikidane.com/index.html
http://itohiya.blog.fc2.com/ 


昭雲工房・山田尚公さん

カテゴリ:

よく冷え込んだ朝、岡山の県北の町、奈義町は深い霧に包まれます。
この日の朝も朝霧が立ちこめていました。
私が山田さんを訪ね、昭雲工房を訪れたのは午前10時。
広い農地の中に昭雲工房がありました。まだ朝霧は残っていました。
P1020326

昭雲工房は30年以上前に近くにあった学校の校舎を移築した建物だそうです。
P1020325
工房は山田さんの祖父、「叩き彫」の初代昭雲の名。
その技法は山田さんの父、2代目昭雲、そして現在の山田さんへと受け継がれています。
P1020336

木彫・木版 山田尚公さん

1956年、岡山県勝田郡生まれ。津山高校卒業し、東京農工大学へと進学。
農学部林産学科を
卒業され、帰郷。木彫を始められたのは大学卒業後のこと。
祖父の木彫と棟方志功の板画から直接教えを受けた父2代目昭雲の叩き彫を受け継ぎ、
仏像などの木彫刻(
叩き彫)、木版画を作り続けている。
保田興重郎の歌「木丹木母集」の作歌を木版画にするのもライフワークのひとつ。
P1020332

玄関で出迎えてくれるのは山田さんが作った木彫りの仏像、日本の神さま。
ゴツゴツとした体躯、肢体から感じる力強さと、
一方で横長の丸顔の目を閉じた表情から感じる柔和さ、
木そのものから感じる存在感にたじろいでしまいました。
P1020327
P1020329

“今の自分はこの環境によって作られたものがほとんど”

祖父の代から棟方志功さんと深い交流があり、山田さん自身も子供の頃、
棟方志功さんとお会いしたことがあるとのこと。
幼少、少年、学生時代と日常に木彫りがあり、
日々、祖父、父から棟方志功さんの話題が上がる、
そんな家族の中で育ったことが今の山田さんのルーツ。
棟方志功さんの話にはいつもどこかに感動があったとのこと。

初めて木版画を作ったのは小学校に上がる前。
父からもらった子供向けの古事記の本を元に作成されたのだそうです。

日本古来の伝統技術である木彫刻を祖父の代から引き継がれた技法で作品を作り続ける山田さん。
作品の根底には常に初代そして2代目山田昭雲、棟方志功の作風から培ったものがあるんですね。

 P1020334

 

“作品は自己表現というよりも、木彫り、木版を通じた人との繋がりや、木彫り、木版を通じて人に喜んでもらいたいという気持ちが強い”
これまでもいろんなところで木版画のワークショップを開催されてきて、
ワークショップ参加者の方々が自分の作品が出来上がっていくに従い、
徐々に集中度が高まり、熱を帯びていくのを見て、
体験だからこそ得られるものが参加者だけでなく、教える側にもあると。

 


今では若い世代の工芸作家をさまざまな側面から支援されている山田さん。
先日、津山文化センターで開催された、美作工芸作家展「クラフトデイズ」もその一つ。
岡山県北、美作地域には技術的にも優れた若い世代の工芸作家さんがいらっしゃるとのこと。
個々の活動に光をあてるとともに、作家同士、作家とお客さんなど、
人と人との繋がりが広がっていくことを期待したいと。
作家としてだけでなく、美作地域で長く作家活動をされてきた山田さんだからこそ、
この地域でできることをしていきたいとの思いを話して下さいました。

 

体験クラフト市のワークショップでは木版画を行います。

ハガキサイズで、道具、材料、用紙など、すべて山田さんがご用意して下さいます。
自分で下絵をデザインするのは難しいと思われる方もいらっしゃると思いますが、
山田さんが下絵も準備して下さっています。
来年の干支の下絵なども用意して下さっているので、
来年の年賀状を木版画で送ってみるのはいかがでしょうか。
もちろん下絵を持参されてもよいです。

 

ワークショップ会場の旧郵便局が山田さんの木彫作品でいっぱいになる光景が目に浮かびます。

お話を伺うこと2時間。
昭雲工房を出てみると、澄み渡る空が広がっていました。
P1020337
 

 

昭雲工房

〒708−1326

岡山県勝田郡奈義町上町川1803−10

0868−36−5977

http://www.h3.dion.ne.jp/~tadaka/index.htm

tadaka@d7.dion.ne.jp

 

 

平松竹細工店 平松幸夫さん

カテゴリ:

勝山の伝統的工芸品である竹細工。
そもそも勝山の竹細工は、農家の方が冬の間に作り、農業の道具として使われていました。
そうけ、めしそうけ、米あげそうけ、と呼ばれる工芸品、その起源は江戸時代末期とも言われています。
P1020245


平松竹細工店 平松幸夫さん
P1020241

岡山県早島町出身。
勝山の竹細工職人との出会いが勝山への移住のきっかけに。
平松竹細工店の看板を掲げてから4年。
自ら竹を採取し、一貫して作品の完成まで手作業で行っている。
伝統の製法を守りながらも独自の探究を編み込む竹細工を制作している。

 

もともと自然農法に興味があり、自然農法を学ぶ中で竹細工との出会いがあったといいます。
 

平松竹細工店は勝山武家屋敷館のすぐ近くにあります。
店の駐車場も、店の中も竹がところ狭しと置かれていました。
先日、真竹を採りに岡山県賀陽町に行って来られたとのこと。

その辺りの竹は良質で、弾力、粘り、艶など、全ての点において優れていると。
中でも、特に叩いて甲高い音がし、色つやが良く、節が平たく、節と節の間が長く真っ直ぐな竹が竹細工に適しているのだそうです。
 

竹を割って、ヒゴを作る作業を見せていただきました。
P1020235
 

竹は鉈(なた)のような道具で、竹の線維に沿って裂いていきます。

竹の皮に対して直角に道具を当てて裂き、次は平行に道具を当てて裂いていく。
最後には厚みが均一なヒゴにしていきます。
竹の状態を指先で感じ取りながら、微妙な力加減で竹、道具を操る技術が必要とのこと。

勝山の竹細工の特徴の一つとして、竹の皮の青い部分も使います。青い表皮の部分と黄色い内側の部分、その2色で編むと柄ができます。組み合わせ方でいろんな柄ができるわけです。

例えば、平松さんの人気の作品のパン籠。

 P1020247

「そうき」または「そうけ」という、かつては農作業の道具として日々使われていた籠、ざるをパン籠に使うというのは今の時代に合っていますね。

籠は使い込んでいくうちに竹の青い部分も、黄色い部分も色が変化し、飴色に変わっていく。
緑の縞模様もきれいですが、焼きたてのパンにはやや飴色がかった色の方が似合うかもしれませんね。

 

パン籠の他に、台所で野菜の水切りに使える炊事籠もあります。
使う方の工夫次第で、パンやおにぎりをのせて、時にはうどんや蕎麦を盛って食卓に出したり、小物や小さい道具などを入れたりと、いろいろ使えそうですね。

 

手提げ籠なども作っておられますが、バックとして使うもよし、台所などで収納として使うのもおしゃれな感じがします。
P1020233


ワークショップで作成するのは四海波籠。
P1020246


四海波籠は京都の伝統花籠で、重なる波を思わせる曲線美が特徴。
竹を小割りにしてヒゴを作るところから行います。
難しいのは網組なんだそう。
網み進めて行く方向は平松さんがわかりやすく指導してくれます。

現在、勝山文化センターで平松さんの作品が展示されています。
四海波籠に花器を入れて、花を飾るのもきれいですね。

 

平松竹細工店

7170013

真庭市勝山7191

e-mail:take-kago-ya64@willcom.com

 

このページのトップヘ

見出し画像
×